1. HOME
  2. ブログ
  3. 挫折を味わったからこそ、見えてきた自分の世界

挫折を味わったからこそ、見えてきた自分の世界

リードフォーアクション 木村祥子です。

博多の大学に通う大塚くん。

大塚君は、大学の中で仲間をあつめ
読書会コミュニティを立ち上げました。

コミュニティ立ち上げまでに
大塚君はいろいろ挫折があったようなのです。

読書会を知ったきっかけから
読書会を開催し、
コミュニティ立ち上げまでの軌跡
インタビューさせていただきました。


木村:
大塚君は何がきっかけで
リードフォーアクションの読書会を知ったの?

大塚:
神田昌典さんの
2022これから10年活躍できる人の条件

を読み
知識創造社会に
適応し生きていくために、
読書会というツールは役立つと
感じたからです。

木村:
知識創造社会!!!
わぉ!意識が高い!

大塚君が今、手にしているのは
ドラッカーの≪明日を支配するもの≫だよね。

以前から、
こういった本は読んでいるの?

大塚:
はい、僕は好きで本を読んでます。

ドラッカーや神田さんの本から
いずれ大学を卒業し、
社会で働く未来の社会は
どんどん変化していく。

だから、変化していく社会で
自分が生きていくか正直不安です。

実際に読書会に参加してみて

活動的な社会人と会え
生きたコミュニケーションを体感できること。

その場で本を読むので、
短時間でエッセンスをつかみながら
内容の理解を深めることは
考える力を向上させる。

本を読んで学んだことや気づき、
アイディアをその場で発表する
会話力やプレゼン力まで鍛えられる。

ひとりで読む読書から
だれかと一緒に本を読む読書法が
さまざまな効果があることに驚き

自分で読書会を開催したいなと思いました。

木村:
それで、
リーディングファシリテーター養成講座を受講したのね。

大塚:
はい、だけど、あの1日は辛かったです…

僕以外、全員社会人だし、
活動的で、志の高い方ばかりなので、
一緒に読書をしている中で、
彼らのレベルの高さに圧倒され
何も話すことができなかった。

木村:
学生生活だけでは
感じられない体験をしたね~。

私はね…
生きてきた経験とその中で得た知識量は
生きてきた時間と比例する
のではないかなって思うんだ。

大塚:
はい、
社会で働くという経験の差を
ほんとに痛感しました。
いい経験でした。

あっこれも、
積み重ねる体験の1つになるんですねっ!(喜)

さらにですね
読書会を開催を決め
リードフォーアクションサイトに
読書会開催を登録したんですけど、
まったく人が集まらず…だったんです。

読書会に参加してもらうための
人を動かすためのメッセージも必要なんですね。

木村:
やってみようと決めたことを
実行に移す姿勢は
本当にすばらしい!

学生だけでは出来ないことだよね。

大塚:
はい、けど、
結構凹みましたよ…(笑)

そして、その体験がから学び、
今の自分に開催できる
読書会ってどんなものだろうと
真剣に考え、

まずは、学校の中で
仲間を集めてみようという思いにいたりました。

読書会コミュニティをつくり
常時、6、7人の仲間が
読書会に参加してくれています。

仲間だけじゃなく、
学校の先生が
お勧めの本を紹介してくれたりするので、
本をきっかけに、
仲間や先生との
コミュニケーションが活発になりました。

何よりも
リードフォーアクションの読書会に出会ってから
自分で選択をし行動するという
主体的な生き方ができているような気がします。

木村:
すごいっ!
いい場ができているんだね。

で、今後の予定は?

大塚:
大学の外でも読書会開催に
チャレンジしてみようと思っています。

博多界隈で読書会をしていけるよう
準備をしています!

木村:
またまた、チャレンジですね。
ありがとうございました!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■

いかがだったでしょうか?

大塚君のチャレンジ
彼が着実に前に進んでいるポイントは3つです。

【直感を信じる】
自分がやりたいと感じたこをと
素直に受け入れ
それを行動に移すことができたこと。

自分が楽しいと感じたり、
やりたいと思ったら
一歩を踏み出すことは大事ですね。

【計画性】
自分が読書会を開催すると決めたので、
友達を誘う、先生を巻き込むということを行い、
自分自身が後戻りできない状態にさせたそうです。

やります!って先に宣言しちゃうって
一番の行動計画手段かもしれませんね。

【修正力】
うまくいかなかったときに
失敗した~と落ち込んで終わりではなく
どうしたら出来るのかと考え
今の自分にできることに修正し実行した。

本当の学びというのは
”気づき”ことから始まります。
気づき⇒学び直し⇒成長
になるのです。

Comments

comments

関連記事