1. HOME
  2. ブログ
  3. あと一歩踏み出す勇気があったら…

あと一歩踏み出す勇気があったら…

リードフォーアクション 木村祥子です。

2011年から開催している
ビジネスモデルジェネレーション読書会から
私なりに理解した
ビジネスモデルの描き方の紹介を
させていただいています。

1.あなたの想いが伝わる9つの空白
2.小さな力が大きなパワーとなる共振現象
3.顧客に恋する共感マップ
4.あと一歩踏み出す勇気があったら…  ←この記事はここ
5.あなたがあなたに共感する

今回はその4回目。

人を行動に導く動機

お客様にどうやったら
あなたの商品やサービスを
買ってもらえるのでしょう?

お客様があなたの商品を買うという
行動に導く動機は、
実は、たったひとつ、

『快楽を求め、痛みをさける』

ということなんです。

共感マップの
(e)痛みとは何か?と(f)得られるものは何か?
が的確に描かれ、

それを解消できるものが、
(2)価値提案
に描かれていればいいワケです。

そして、勘のいい方ならお気づきでしょう。

キャンバスの作成は1枚では終わらない。

顧客の数だけキャンバスを描き、
見直し→修正→検証
を繰り返していくことが必要なのです。

じゃぁ、あなたの一歩は?

ビジネスモデルキャンバスや共感マップで
あなたのビジネスモデルをデザインするためのポイント、
顧客があなたの商品やサービスを買う
という行動の動機について
いくつか紹介してきました。

けれども、肝心なあなたが行動しなければ
新しいビジネスは動きません。

『ビジネスモデルYOU』の出番です!

新しいチャレンジに
一歩を踏み出す勇気が持てないあなた
ビジネスモデルYOUで紹介されている
パーソナルキャンバスを描いてみましょう。

ビジネスモデルキャンバスの違いは2つ
・キーリソースはあなた自身になります。
・ストレス、満足度などの数量化できないコストや報酬も考慮します。

新しいビジネス
あなたの新しい働き方をチャレンジするときに

必要なあなたのリソース
そして新しいことをチャレンジする際の
ストレスなど不安な部分
それを達成したら、
どんな報酬があるのか、
得られるものを描きましょう。

Comments

comments

関連記事