1. HOME
  2. ブログ
  3. 先生、『本を読む』ってどういうことですか?

先生、『本を読む』ってどういうことですか?

リードフォーアクション 高橋幸代です。

私の子供は小学校1年生のときから
本を読むというと
目次を読み、次に本をパラパラとめくって
最後に、気になったところを読む
という読み方をします。

このことを学校の先生に伝えたとき
「それは本を読んでいませんよね。
話の内容を理解できていないんじゃないですか?」
と言われたことがありました。

あなたはどう思いますか?

リードフォーアクションの読書会では
本を読まない読書会
という謳い文句を見かけるのですが
読書会ですから本を読んでいない
ということはありません。

ただ、本を読んでいますが、
その時間が短いにもかかわらず
内容を深く理解できる。
多くの人が知っている読書とは
ちょっと違うのです。

学校の先生の
「それは本を読んでいませんよね。
話の内容を理解できていないんじゃないですか?」
という言葉から考えると
そもそも『本を読む』とは
どういうことなのでしょうか?

・1文字1文字時間をかけて読んでいくこと?
・1ページ目から最後のページまで読むこと?
・内容を全て理解していること?

あなたはどういう状態を『本を読む』
と思いますか?

『本を読む』とは人によって
いろんな捉え方があるでしょう。

リードフォーアクションの読書会は
短時間で本から情報を得て
その得た情報を参加者で
ダイアログすることにより
さらに気づきや学びが深まります。

あなたが知っている『本を読む』
とは少し違うかもしれません。

そんな、今までとは違う
『本を読む』ことを体験してみませんか?

「田舎だから読書会開催してなかった…。」
というあなた、安心してください!

どこにいても参加できる
今、熱い読書会が
エキスパートカフェ。

エキスパートカフェとは
今、話題の書籍を課題本に読書会を行い
課題本の著者をゲストに迎えたミニ講演会付き
の読書会です。

オンラインでも参加できるので
日本全国、そして、海外からも
参加してくださるほど
人気の読書会になっています。

あなたも今までとは違う読書を
体験してみませんか?

Comments

comments

関連記事