1. HOME
  2. ブログ
  3. 本当に目からウロコが落ちました!

本当に目からウロコが落ちました!

リードフォーアクション 斎藤恭子  です。

2020年2月のエキスパートカフェは
「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室」
著者の中野剛志さんをお迎えして開催されました。

参加された皆さんは
最初から最後まで
目からウロコがボロボロ落ちまくり!

という方が多かったのではないでしょうか?

中野さんは経済の正しい情報を
とても解りやすく教えてくれました。

そして、歯に衣着せぬ、物言い。
本当のことを包み隠さず、ズバッという。

新事実に衝撃を受けた方、
多かったと思います。

平成の日本の政策は
何から何まで間違っている。

平成日本経済が成長しなくなった、
最大の理由はデフレ。
新自由主義のイデオロギーを信じて
インフレ対策をやり続けて
デフレから脱却できないでいる。

デフレ=資本が回らない状態なのに
これは資本主義とは言えない。

世界大恐慌で世界はそれは学んだはずだったのに。
戦後にデフレになっているのは日本だけ。

日本はダイエットは体に良いと信じ
栄養が足りないのに
ダイエットをしている状態です。

このタイミングでの増税は最悪。
資本が回らない。
二酸化炭素に税を掛けるから
二酸化炭素の排出量は下がる。
税を掛ければ消費はなくなる。
本来は減らしたいものに税を掛けるのです。

 

経済というと
難しくて、理解するのが大変
というイメージがあったのですが
中野さんの説明は
本当に解りやすくて勉強になりました。

ダイエットとか二酸化炭素とか
ちょっとした事例を挟んでくれて
「そりゃそうだ!」とばかりに納得。

経済に対する食べず嫌いが
改善する1冊でした。

この本と中野剛志さんとの出会いに
感謝ですね。

実践編もおすすめです。

Comments

comments

関連記事