1. HOME
  2. ブログ
  3. リモートワーク導入のヒントはズバリ!納豆です

リモートワーク導入のヒントはズバリ!納豆です

リードフォーアクション 木村祥子です。

2020年5月7日は、
洋書を課題書に
エキスパートカフェでした。

課題書は、『REMOTE FIRST
A Manager’s Guide toBuilding Remote Culture

新型コロナウィルスの影響で
個人の働き方、
組織体制などを
リモートにすることに
シフトするなど
検討を迫られている今、
ヒントになる本でした。


さらには、
エキスパートカフェのゲストである
リブ・コンサルティング 権田和士さんからは

これからの
組織のあり方、文化づくりについても
たくさんのヒントをいただけました。

ほんと学びになること盛りだくさん!

その中で1つ紹介しますね。

アフターコロナに向け、
めざす働き方は、

ズバリッ!納豆です。

日本の組織は、
意思決定のプロセスなど
≪重たい≫というイメージがありますが、

今、求められている
このリモートで働くという
気軽さ、≪軽さ≫が合わないのです。

リモートワーク実現のため
重さを排除し、軽さを求めると
実は、重たさの中にある
大切なことや
組織の魅力を失ってしまう
ことになってしまうのです。

だから、
重たいものを軽くするのではなく

これからは、
≪納豆≫のように
粘着質な組織を目指すといいそうです。

リモートワークで
離れて働くことになっても
納豆の粒のように
バラバラになることなく
粘り強くくっついていくこと。

こんな文化形成が必要なのでしょうね。

ぜひ、『REMOTE FIRST

読んでみてください。

 

Comments

comments

関連記事

 

 

 

メルマガ登録
LINEでも情報を発信しています!

よくある質問

活躍するファシリテーターを紹介

おすすめ記事

フォローをお願いします