1. HOME
  2. ブログ
  3. 子どもや高齢者を守る立場の大人に読んで欲しい

子どもや高齢者を守る立場の大人に読んで欲しい

リーディング・ファシリテーターの隅田マスミです。

私がこの本を読みたいと思ったのは、
未来を知り、生き抜きたいと思ったからです。

日本経済予言の書」は、
2020年から2030年までの日本経済に
大きな影響を与える差し迫った課題を示しています。

困難が待ち受ける未来を
別の未来にできるかどうか、
私たちの意志や行動を変えれるかどうかは、
人間力にかかっているとしています。

この本を読んで、私は3つのキーワードが出て来ました。
「不幸な出来事」
「希望」
「私たちにできること」

不安な出来事とは、
悪化の進む自然環境
グローバルな企業活動の変化の波
人口ピラミッドの崩壊、
恐れからくる人の意識の変化です。

特に私の生活にも大きな影響を与えるであろうことを挙げると・・・

日本企業(トヨタ)が衰退すること。

米国企業(アマゾン)の活動により
大規模小売チェーンが閉店すること。

人口ピラミッドの崩壊により
高齢者が働かなくていけない社会になること。

自然環境のバランスが崩れ、コロナに引き続き、
巨大台風、熱波や熱帯性伝染病が起こること。

どう対処していけばいいのか不安が募ります。

この本の中に答えを見出したかったけれど、
正解はありませんでした。

唯一の希望は、
私たちの意志や行動を頼りに未来を定めていくこと
だけに思えました。

市井の人である私にもできることを3つ考えました。

1 人間中心ではなく、地球のバランスを
とれているのかを考えて行動する。

2 発想を転換するため、
これまでの固定観念やルールをどこまで
とっぱらうことができるか日々チャレンジする。

3 一般人には見えない知見を本から
継続的に学ぶと同時に、
自然の摂理や古典から起こっている出来事を俯瞰してとらえる。

 

 

子どもや高齢者を守る立場の大人に
ぜひ、読んでいただきたい1冊です。

コロナショックの影響をもろに受け、
今後もさらなる打撃に見舞われる私たちは
逃げも隠れもできません。

下を見れば、次の社会に出てくる子どもたち、
彼らが大人になったときの社会が
少しでもいいものであるように。

上を見れば、死に向かい年老いていく親たちが
安心して過ごせるように。
間に挟まれた私たちが動かなくては
にっちもさっちもいかないことが見えています。

正解の答えがなく、
知識や経験の多い人の知見に耳を傾け、
自然や先人たちのメッセージを読み解くことで
ゼロベースから光を見出せないかと焦ります。

力のない私の微々たる意識や行動の変化に
効果があるのかないのかもわかりませんが、
身近なところから変化を目指して
わからないなりに私も前進します。

Comments

comments

関連記事